ブログ

「過去の出来事」に対する悩み

 

悩みには大きく分けて「3つ」に分類できる。

 

1.「過去」に起こった出来事に対する悩み。

2.まさに「今現在」直面している悩み。

3.「未来」に対する悩み。

あなたが抱える悩みはどれに当てはまるだろう。

 

いずれの悩みであれ、解決方法は基本的に

「あなた自身の考え方」しかないと私は考えています。

裏を返せばその「考え方」・「心の持ちよう」次第ということになります。

 

ここでは
1.「過去」に起こった出来事に対する悩み
についてお話します。

 

「過去」に起こった出来事に対する悩みについて

もう終わったことなのになぜ悩み続けてしまうのだろう。

過去の出来事はコントロール不可能、自分の手ではどうしようもないのだと分かっている。しかし感情が振り回される。

どうしようもないが故にとても苦しい。

 

この悩みを持つことになった原因は人それぞれでしょう。恋愛、仕事、人間関係、失敗、尊厳の喪失etc

例を挙げればキリがありません。僕の場合は過去に受けた暴力です。それによる恐怖、被害妄想、暴力を受けた時に似通った環境(場所、相手)などに悩まされ続けました。

過去の体験が前へ進むための行動を邪魔することがどれだけの苦痛か。考えるだけ無駄と分かっている。でも出口が見えず抜け出せない。これらの辛さを嫌というほど自ら経験しました。

 

過去の出来事に悩まされる主な原因は

・その出来事による強い「トラウマ」

出来事の「未解決性」

実際に体験したその記憶が強く自分の心の中に残り、あなたが新たに前へ進もうとすることをいつも邪魔する。

 

何故頭から離れずなぜ抜け出せない?

その理由は
・嫌なことほど考えてしまいたくなる人間の習性がある。
・あなたを悩ませるその問題が「未解決」だと、あなたがそう判断しているから。

 

あなたはその時の自分or相手or状況と頭の中で戦っている。

苦しいけど諦めたくない気持ちが心の奥底にある。

そしてあなたが経験した辛い物語が自分の理想の形で解決(完結)することで、苦しみから解放されることを願っている。

しかし、「過去の出来事」を悩み抜くことでその悩みから解放される訳ではありません。

過去の悩みを解決するのは、悩みから得たあなたの「解釈」の変化もしくはあなたの「行動」です。

頭の中で悩み続けること≠解決

むしろ変えようのない過去の出来事において、頭に浮かべ続けることが忘らられない一番の原因です。

 

 

どう過去の悩みと決別するのか

それは、ひたすらあなたの物語を上書きしていくことです。どんなことでも構いません。

あなたが楽しいと思うことや関心のあることをたくさん行い、新たな思い出と記憶を積み重ねる。それをひたすら繰り返す。

しかし辛い記憶は簡単に消えることは無く、頭や心の片隅にしばらく残り続けるでしょう。だけど、それを悩む必要はない。

あなたを辛さから一瞬で開放してくれる魔法はない。

前へ進み、記憶を積み重ねることで、悩みに対する解釈が必ず変わる。

あなたが前へ進めば進むほど次第にその記憶の居場所は無くなる。

 

そして先程も述べた通り、その出来事を「未解決」と判断しているのはあなたの裁量です。

別に全ての出来事が最高の結末である必要は全くない。

良い結末が必要なのは、あなたにとって大切な物事だけで、嫌だったことなんてどうだっていいはずです。

良い終わり方、やな終わり方、どんな物語であれども、あなたの大きな人生の中にある「イチ物語」にすぎない。

その物語の監督はあなた自身であり、あなたの意思で幕を引けば物語はそこでおしまいです。

辛く厳しいストーリーだったけども、こういうことだってある。と、あなたが思えばそうなのです。

それとも、やはり忘れることなんててできない?

これらを決める権限はあなた自身が持っています。

 

ここで重要なのは、あなたはどの方向(忘れるor他の方法)を向くのか。それを自分自身の中で明確にしておくことです。

それによって今後あなたがとる行動が自然と変わってくるからです。

なあなあにして放っておくことが一番良くない。

そのまま放っておけば「あなた」と「過去の出来事」は平行線で、頭の中の 「あなた」「過去の出来事」 この距離感はずっと近いままです。

 

最後に

僕は過去の体験に長期間泣かされてきた一人です。

過去の体験から完璧に開放されたかと言えばそうではありません。

たまにですが、今でも脳裏に現れる時があります。その時僕は「チッ」と思います。ただそれだけです。これは自分にとって大きな進歩です。

そして次第にその出来事よりも、変えようのない過去の出来事に振り回される自分への嫌悪感が勝つようになりました。

シンプルに時間がもったいないし、こんなことに悩んでるなら無意識にゴロゴロしてる方がよっぽどいいや、と。

 

 

苦しい経験と今すぐ決別することは簡単じゃないですが、どうかこれだけ頭の片隅に置いておくよう心掛けてみて下さい。

過去の出来事に関して幕を引く権限はいつでもあなたの手の中にある。あなたの好きな時に、あなたのタイミングで意思決定できる。

もう十分悩んだ。これ以上同じ過去に悩むだけ無意味で下らない。

そう意識するだけでも、きっとスッキリします。

 

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。